メイン画像
0歳からはじめるむし歯予防システム
0歳から始める予防歯科でお子さんと一緒に楽しく通いましょう!

当院では0歳から始める予防でむし歯が出来ない大人を目指す事を目的とします。

むし歯予防について
院内掲示物

この頃の子供に一番大切な事は、「歯医者はこわくない!楽しく通うところ」という習慣を身につけることが大切です。
当院には管理栄養士がいますので、離乳食期の子供から食育に関心を持って貰える様に、親御さんにアドバイスをさせて頂きます。 実際にしっかり噛むレシピも提供しています。
育児の中で苦労しがちな「歯磨き」も、上手に習慣づける事が大切です。
親御さんに正しい歯磨きの知識と手法をお教えします。

小児歯科と一般歯科の違いは、むし歯を治すだけでない、という事です。
当院の小児歯科では、むし歯にならない為の予防に努め、最終的には、綺麗な永久歯を正しい位置に萌出させ、健康なお口の状態に育てることを目標にしています。

乳歯がむし歯になっても、永久歯に生えかわるから大丈夫?

このような質問がありました。
そんなことな一切なく、むしろ乳歯がむし歯になれば、永久歯もむし歯になるリスクが高くなるのです。
永久歯は一生使う歯ですが、乳歯なは永久歯が生えてくるまでの歯です。
永久歯とは構造も違い、むし歯になりやすく、痛くもなりやすい歯なのです。
ですので、乳歯が生えた頃に、歯医者を受診する事をお勧めします。
むし歯になってしまった歯をしっかりと治療する事も大切ですが、むし歯にならないようにする事が重要です。
小さな頃から歯科医院に通う事を習慣づけていると、大人になってからも自分の意識が自然と上がり、自分の歯を大切にしよう!という気持ちを持ち続ける事ができます。

年齢別推奨診療時間
0歳~3歳 平日9:00~13:00


甘いお菓子が大好きな子供

ケーキなど

子供は甘いお菓子やジュースが大好きな子が多いですよね。
小さな子供は、自分できちんとした歯磨きができません。
甘いお菓子やジュースを飲む習慣が続いてしまうと、むし歯になりやすくなってしまいます。
むし歯になるからと言って、大好きなお菓子やジュースをあげない!というのも少し可愛そうな気がしますね。

親御さんが、おやつやジュースの時間をきちんと決めてあげたり、正しい歯磨きの知識と手法を習得するだけで、予防歯科ができます。
当院ではそういった普段の食生活から歯磨きまで、しっかりとお教えします。
そうする事で、大切なお子さんが将来、自分のお口の健康管理をするときに辛い思いしなくても良い様に、小さい頃から、しっかりとしたむし歯予防のケアや、生活習慣を身につけさせてあげましょう。


乳歯が生えてくる順番

歯の始まりは、お母さんのおなかの中からです。
妊娠2~3カ月で全ての乳歯の芽(歯胚)ができ、4~6カ月で石灰化し始めます。
これが生まれて5~10カ月すると、乳歯として生えてくるのです。
生える順番や時期は表のとおりです。
全部で20本ですが、それぞれに時期にはかなりの幅があります。
お子さんの成長ペースが順調なら、早い遅いと心配することはありません。

乳歯が生えてくる順番

母子感染

むし歯の原因であるミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。
むし歯は、むし歯菌によって引き起こされる感染症です。
生まれたての赤ちゃんにはむし歯菌はいなく、ミュータンス菌は、歯のような硬いところにしか住めないので、歯が生えていなければ生きていけないのです。
むし歯は風邪のウイルスのように、だ液で人から人へと感染してしまいます。


感染しやすい時期があるの?

上記図の、乳歯の奥歯が生えてくる1歳半から3歳くらいの間が一番感染しやすい時期と言われています。

Page Top