メイン画像
0歳からはじめるむし歯予防システム
こども健康矯正 こども健康矯正とは

こども健康矯正は顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)と言い、お子さまのお口の育成を図る矯正です。
当院では床矯正も行っておりますが、早い段階で治療する事で、歯並びを改善したお子さまも沢山いらっしゃいました。

小さな頃から矯正治療をする事のメリットは、
「抜歯をしなくても済む可能性が高い」
「本来の顎骨に成長させるので、永久歯を初めから理想的な位置にする事ができる」
「後戻りのリスクが少ない」
「顎の位置を補正できる」
「治療費が安く済む」
「期間を短く済む事ができる」
「綺麗な歯の形を維持できる」
「口元だけでなく顔も正しく発育させることが可能」

など沢山が挙げられます。

床矯正は、子供に使う矯正装置の事です。
この装置はお子さんに負担の少ない治療法で、自分自身で簡単に着け外しができ、また使用中は痛みがほとんどないため、負担の少ない矯正治療が行えます。

では、従来の取り外しができる床矯正と、こども健康矯正(顎顔面矯正)の違いとは?

顎顔面矯正と床矯正で最も大きな違いは、歯を診る床矯正と、顔全体を診る顎顔面矯正です。
顔面矯正は、歯並びと顔貌そして体全体を健康にする治療法なのです。
顔の骨格から根本的に治す事で、体全体を健康にする事ができ歯並びも良くなり、顔のりんかくも美しくなります。

床矯正は歯を傾斜移動をさせる治療なのですが、顎顔面矯正は歯だけでなく、お子様の成長に合わせて顎の骨から健全な状態に誘導します。

一方、取り外しができ、お子さんの負担が少なく済む人気の床矯正は、親の管理が必ず必要、成長をみながらなので時間がかかる事もある、本人のやる気で治療期間が変わってしまう、という欠点もあります。
本人のやる気と言うのは、床矯正は装置の取り外しが出来る為、いくら親御さんがチェックしても、12時間から14時間装着しているお子さんが少ない、という事が分かりました。

顎治療に用いる急速拡大装置と使用方法(具体的な治療法)

具体的な治療法画像 成長のスピードが違う子供の上の顎と下の顎
顎の成長曲線画像

右の図で分かる様に、子供は上顎骨(上のアゴ)の方が早く成長が終わってしまいますので、顎の成長を利用した矯正をするには、10歳までに終えておかないといけないという事になります。
そして、下顎の骨は一旦成長が止まってから、10歳以降にまた成長します。

この成長の時期に合わせられるからスムーズに拡大できるのです。

この成長の時期に合わせて顎骨を拡大します。
顎顔面矯正は、早く成長の終わっていく上の顎の骨を早めに拡大して、そこに下の顎の骨の整直を図ります。
この矯正治療法は、顎の骨から改善するために変化が大きいのです。
変化が大きければ、治療もスムーズに進み、かつ後戻りも少なくすみます。
骨格から拡げてあげることで、鼻の通りが非常に良くなり、鼻炎、鼻づまり、鼻炎アレルギーが治りやすく、気道がが広がる事でぜんそくやアトピーも改善しやすくなると言われているので、 この顎顔面矯正と、こども健康矯正と言っています。

こども健康矯正は良い事がたくさんあります

お子さんの生涯の生活の質をあげる為に、とても有効な治療法なのです。
そのような理由から、「根本的に歯並びと健康を改善できる矯正治療」と自信を持って親御さんにご説明しています。
また、顎顔面矯正は床矯正と違い、取り外しが出来ない分、不便はあるかと思いますが、その分確実に治療が進みやすくなります。

お子さんにこんな症状ありませんか?

●アデノイド(咽頭扁桃増殖症)
●寝ているとき、口が開いている
●アレルギー性鼻炎
●姿勢が悪い(猫背、ゲーム首)
●歯周病、歯肉炎、むし歯がある
●うつぶせ寝の癖がある
●おねしょがなおらない
●固い物を食べたがらない
●ぜんそく
●中耳炎
●風邪をひきやすい
●滑舌が悪い
●睡眠時無呼吸症候群
●落ち着きがないと言われた
※これらの項目が改善するケースも珍しくありません。

鼻腔を拡げることでお子さんに多く見られる口呼吸が改善でき、鼻で呼吸する事ができます。
当院では、歯並びと鼻腔の治療を通して、お子さんの身体を一生涯健康で丈夫なものへ成長させる可能性があると考えています。

もりわきデンタルオフィスでは、「健全な歯列は生涯を充実したものにする為の必要条件であり一生の財産になる」と考えています。

治療費用こども健康矯正 45万円~50万円(税別)

こども健康矯正    45万円~50万円(税別)

Page Top