メイン画像
0歳からはじめるむし歯予防システム
なぜ、こどもの予防歯科を大切に考えるのでしょうか?

もりわきデンタルオフィスに来院する患者様の口腔内の健康を日本一にする、これが当院のモットーです。

スタッフ写真

健康な状態のお口を維持すること、
できるだけ治療して削ったりしないで済むこと、
それがもりわきデンタルオフィスの目標です。

人間は3歳までのお口の管理で、その人の一生の健康が決まると言われています。
また、、お口の状態を保つことにで、生涯自分の歯でいる事ができます
その為の重要な初めの段階作りとして、予防歯科を強く推進してまいります。

もりわきデンタルオフィスでは、患者様だけでなく、スタッフも共に学んで行くという事を大切にしています。
むし歯予防で大切な事は、なぜ歯医者に行くのか?どうしてお口の中を診るのか?
なぜ歯磨きをしないといけないのか?、と子供自らの発想がある事が重要となります。

よく、保護者の方から「むし歯は遺伝ですか?」
こんな質問をよく聞きます。
むし歯は遺伝ではなく、感染症であり、生活習慣病なのです。
こういった正しい知識をつける事も歯科医院に通うメリットです。

当院では、歯科治療を通じて、お子様の自立心を育てられるよう、保護者の方、スタッフとともに一生懸命頑張る事ができる子供を育てて行きます。

健康で白くそして綺麗な歯並びの永久歯は、親御さんからお子様への最高のプレゼントだと考えます。

もりわきデンタルオフィスの予防歯科とは?

当院の予防歯科は、0歳から通えるのが特徴です。
保護者の方、お子様、当院の歯科衛生士と二人三脚でお口の健康を守って育てて行きます。

≪予防歯科の手順≫
①お口の健康状態をチェックします。(保護者の方もご一緒に)
②検査結果からむし歯のリスクを分析して、お子様に合った予防計画を提案します。
③担当歯科衛生士による専門の歯石除去やフッ素塗布、歯磨き指導および詠唱管理士による食育指導も行います。
④お子様のお口のデータを共有し、予防歯科の管理を行います。

母子感染について

家族で同じ箸やスプーンを使わない、ふーふーして冷ましたものを与えない、お口にチューをしない、など生活をする上で色々な制限がありますよね?
そうしたことを徹底すれば確かにムシ歯菌はうつりにくくなります。
でも、ついやってしまいそうなことばかり。あれもダメ、これもダメでは育児がつまらなくなってしまいます。
まずは、保護者の方が歯科医院の定期検診を受診して、むし歯ゼロにする事が大切となります。

感染の窓とは?

感染の窓とは、もっとも母子感染しやすいとくに危険な時期のことです。
特に奥歯の生え出す19ヶ月から31ヶ月(約1才半から3才頃)までは「感染の窓」と呼ばれています
ムシバの原因菌であるミュータンス菌が感染する時期が遅ければ遅いほどお子さまのムシ歯予防につながります。

全身の免疫力改善でむし歯を予防する「バクテリアセラピー」とは?
バクテリアセラピー

医療分野での予防大国であるスエーデンからやってきた 最新技術であるバクテリアセラピーについてご紹介します。
当院では、予防医療の最新の手法である「バクテリアセラピー」を行っています。
善玉菌の力を利用して、病気の治療や予防を行う新しい医療技術のことです。

健康な人の体内には、もともと悪玉菌と戦う強い力をもった善玉菌がたくさん共生していました。
しかしながら、ストレスや食習慣の変化など要因はさまざまですが、強い力をもつ善玉菌が現代人の体内から失われてつつあるということが、近年の研究で明らかになってきています。
同様に、もともと体内にいた善玉菌には特に優れた力をもつ善玉菌がいることも、最新のバイオテクノロジーの研究でわかってきました。
この特に優れた力をもつ善玉菌を、『プロバイオティクス』と言います。


プロバイオティクスとは?

摂取することにより、ヒトの健康増進に寄与する生きた微生物のことです。
善玉菌であるプロバイオティクスを摂取し、体内の微生物のバランスを整えて、健康を維持します。
特に、代表的なプロバイオティクスとして様々な種類の乳酸菌が発見され、研究が行われています。
優れたプロバイオティクスは次のような特徴を持っています。

○ヒト由来である
○生きたまま消化管にとどまる
○病原菌に対抗する作用がある
○抗菌物質を生み出す
○科学的根拠に基いた健康への効果

Page Top